SSRIとSNRIの違いについて

   

SSRIとは?

2016-05-09_154125

SSRI というのは現在流通しているうつ病の薬の中で2番目に新しいものになります。

SSRI は選択式のセロトニン再取込阻害薬として知られていますが、うつ病の治療としてだけではなく、様々な不安障害などの治療にも役立っています。

SSRI のお薬というのは比較的薬価が高いので服用を躊躇ってしまうと言う人もいるようですが、効果はとても高く、選択的にセロトニンの再取込を阻害していくことによって、うつ病などによる不安障害も軽減させて生活がしやすい状態にしてくれます。

特にうつ病などの場合には気持ちが前向きにならず、どうしても後ろ向きになってしまったり、自分に自信を失ってしまうというようなことがありますが、SSRI のお薬を飲んでいくことでこうした気持ちがコントロールできるようになり、自分に自信をもって活動を行えるようになっていきます。

SSRI のお薬の中には副作用がとても強いものや、ほとんど副作用がないものなどがありますから、自分の体に合っているものを見つけためにも医師と相談しながら選んで行かなくてはなりません。

自分の体に合っているSSRI のお薬を見つけるまでには時間がかかってしまう人もいますが、諦めずに様々な薬を飲んでみると良いと思います。

SSRI のお薬は、比較的吐き気という副作用が強く出てしまうようですので、吐き気止めの薬を処方してもらうと良いでしょう。

また独断で薬を減量したり中止したりしてしまうと、とても強い副作用に悩むこともありますから、お薬をやめたいと思ったら、医師と相談しながら徐々に減らしていくことをお勧めします。

SNRIとは?

うつ病の緩和や治療に使われているお薬にはSNRI というものがあります。

SNRI というのは新しく開発されたうつ病の治療や緩和のためのお薬になっています。

セロトニンだけではなくノルアドレナリンの再取り込みを阻害しながら、症状の緩和だけでなく、意欲を起こしてくれるという働きがあります。

ノルアドレナリンを選択して再取込することでやる気が起きたり、前向きな気持ちが出てきたりすると思います。

似たような効果を持っているお薬の中にSSRI もありますが、SSRI の場合にはセロトニンのみに働きかけてくれますから意欲を高めるというような効果があまりありません。

そのためうつ状態で陰性症状が強く出てしまっている人の場合にはSSRIではなく、SNRI を服用することで気持ちも楽になっていくと思います。

近年ではうつ病に悩まされながらも会社勤めをして頑張っているような人もいると思いますが、こうした人の場合には特にSNRI を仕事に行く前に服用し、

仕事をしている時間は精神的な安定が図れるように取り組んでいるようです。

新しい世代の薬ですから、副作用なども少なく、比較的服用しやすいと言われています。

まれに強い吐き気などという副作用が出てしまう人もいるようですが、以前の安定剤などに比べると効果が高いですし、副作用も少なく、また効果が現れるまでの期間についても短くなっているといわれています。

SNRI の薬と他の薬を併用するということもあると思いますので医師の指示に従って、服用していくようにしてください。

 - 精神病