ニコチン依存症状について

   

2016-05-08_213526
ニコチン依存症は、主にタバコに含まれるニコチンという成分を体が摂取したいと要求することから起こります。

人の脳の構造や、精神構造では、体が切に要望しているものを精神力などによって断ることは難しく、専門的な治療を行う必要があるとされています。

ニコチンは動物実験などでも依存性がある物質だとされており、それを摂取するためには周りの状況を考えなくなることもあることから、麻薬の一種だと主張する学者もいます。

それくらい依存性の強い物質なので、ニコチン依存症になる人はかなり多いと言えるでしょう。

ニコチン依存症の悪い点としては、色々と健康を害するといったことや、喫煙のためにお金が非常にかかる、周りに迷惑がかかるなどがあります。

特に、喫煙者は将来的に肺がんになる確率が高くなるというデータがあり、肺がんを心配する人が多いと言えます。

このニコチン依存症は、本人のやめるという意思が大事ですが、意思の力だけで辞めるには、かなり強い意志が必要となります。

何度もやめようと思い、タバコを辞めるが、すぐに吸い始めてしまう人や、

ストレスが溜まって吸い始める人が多いですが、基本的によほど強い理由がない限り依存症状から抜けるのは難しいので、

専門的な治療を受けた方が良いと言えます。

最近ではニコチン依存症の治療がかなり世間に認知されており、医者にかかる人も少なくありません。

一番効率が良い方法は医者にかかることですが、その他にも、タバコをニコチンを含んだガムに代えたりして、

少しずつニコチン依存から脱却していくことが重要だと言えます。

あまり焦ってニコチン依存を治療しようとせず、体のペースに合わせてニコチンを徐々に減らしていくことで、

うまくニコチン依存症から抜けることができると言えるでしょう。

 - 依存症