精神安定剤のテシプールの効能について

      2016/09/16

2016-05-09_163637
テシプールは抗うつ薬として処方されていますが、四循環系の抗うつ薬となり、副作用は比較的強く、効果が出るまでの期間も短いと言われています。

また副作用も少ないと言われているためにはじめて抗うつ薬を飲むと言う人にも処方されることが多いです。

基本的にはとても少ない量から始めていきますが、薬の量増やしていく中で強い不安感に駆られてしまったり、

精神的に不安定になることが多くなってしまうような場合には医師に相談して薬の量を考えていく必要があります。

ディスプレイの副作用としてめまいや頻脈、不整脈などがあります。

また手が震えたり口の周りが異常な動きをするというような場合がありますので、あまりに毎回副作用が目立ってしまうようであれば医師に相談することをお勧めします。

テシプール単体で処方されるということが少なく、他にも併用する薬があると思いますので独断でテシプールの処方を止めたり、増量してしまうという事は避けるようにしてください。

うつ病と診断されてテシプールを処方されても、飲んでいて効果を感じることができないと言う人もいると思います。

しかし独断で勝手に増量してしまったりすると副作用が強く出てしまうような場合があるので健康の為に良くありません。

テシプールのように、抗うつ作用のある薬というのは医師の判断の元、増量や減量を行っていかなくてはなりませんので、効果が弱かったりしても勝手に増量したりする事はやめましょう。

テシプールを飲んでいて、ある程度気持ちの安定が図れるようになったら他にもリラックスできるような方法を見つけていくという事も大切だと思います。

 - 精神安定剤