精神安定剤のパキシルの効能について

      2016/09/16

私もパキシルを飲んでいました。(10mg)

2016-05-05_165232

パキシルは、パニック障害で服用しているというイメージが強いかもしれません。

しかしパキシルはうつ病を患っていて、やる気が無かったりする場合にも効果があるので、うつ病の治療薬として処方されることがあります。

パキシルは比較的新しい薬になっていますが、薬価がとても高いので服用を拒む人もいるようです。

パキシルの効果はとても高く、また効きはじめる期間に関しても短いと言われていて、パキシルの容量も様々なものが出てきているので、それだけ需要があるということがわかります。

パキシルを飲みだして最初のうちが吐き気を訴える人がとても多いと言われていますが、数日間で吐き気はおさまり、抵抗無く飲むことができると思います。

パキシルはやる気が出てきたり、食欲が湧いてきたりするようなこともありますが、先ほども書いたように効果がとても強いため、独断で飲むことをやめてしまったりすると、断薬症状が強く出てきてしまいます。

また飲み忘れによっても、断薬症状に似たときのような症状が出てきてしまうので、しっかりと管理しながら、飲むようにしてください。

断薬症状の主なものとしては、視点を変えたときに気持ちが悪くなってしまったり、やる気がなくなり、体がだるくて仕方がないというようなものになります。

以前は決まった容量しか処方がなかったのですが、最近は少ない容量での処方もできるようになったために以前パキシルを飲んで副作用に悩まされてしまったという人でも、

少ない容量から初めてことで副作用に悩まされず症状を改善していくことができると思います。

https://www.koleidoweb.com/sapri/152

 - 精神安定剤