精神安定剤のアリピゾルの効能について

      2016/09/16

2016-05-09_161855
アリピゾルはエビリファイのジェネリック薬品となっています。

パキシルに含まれている成分であるアリプラゾール というものは日本以外でも、世界中の沢山の国で承認されている成分となっています。

うつ病をはじめとして、統合失調症や躁鬱、それ以外にも様々な精神病の治療に薬遣ってくれています。

うつ病の主な症状である食欲不信や意識の低下に対して、ドパミン神経伝達をコントロールし、やる気を起こしてくれるという働きがあります。

効果そのものはエビリファイと同じになっていますが副作用が弱く、薬価が安いために需要が高くなってきています。

うつ病に用いる薬というのは比較的薬価の高い物が多いので服用する際には悩んでしまったりすることもあると思いますが、アリピゾルのように薬価の安い医薬品であれば、長い期間に渡り服用する事も可能だと思います。

アリピゾル海外から個人輸入することが可能になっていますので、実際に個人輸入して使って飲んでいるという人もいるようです。

うつ病におけるマイナス症状を軽減させてくれるので生活がとても楽になり、少しずつ、うつ病から解放されていくことで、うつ病になる前の生活を取り戻すことが可能になると思います。

うつ病に効果的な薬というのは副作用の強いものもありますが、アリピゾルは副作用も弱く、特に海外などでは、ニーズが高いようです。

ただ、アリピゾルには禁忌の成分がありますので、禁忌のせいぶんをしっかりと確かめた上で服用するようにしてください。

https://www.koleidoweb.com/sapri/152

 - 精神安定剤