精神安定剤のエフェクサーの効能について

      2016/09/16

2016-05-09_161048
セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬としてエフェクサーという薬があります。

うつ病の緩和や治療だけではなく、多くの不安障害などに用いられることがありますが、現在日本では認可、販売されていないので処方されることはありません。

エフェクサーには高い副作用があり、服用するためにはしっかりとした管理を行っていかなくてはなりません。

特に重いエフェクサーの副作用として、ストレス性の心筋症などがあります。

日本人と海外の人では体の造りが違っているために、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込み阻害薬でも成分の含有量を考えていかなくてはなりません。

エフェクサーのように含有量の多いお薬は日本人が服用してしまった場合、効果が出過ぎてしまうために、日本では販売が認可されていないということになります。

エフェクサーは抗うつ作用がとても強いために海外では現在でも販売されていますが、副作用に関しての懸念は否めません。

エフェクサーは他の抗うつ薬のように1日1回や2回飲むというのは同じですが、それ以外にも最低量から始めていき、極力他の抗うつ薬と併用しながら使用していくと良いと言われています。

効果が高いので国内で販売されている抗うつ薬で効果がないという人の場合にはエフェクサーの服用を考えたりすることがあると思いますが、

過去に副作用の報告もたくさんありますし、日本では認可されていないということを頭に入れて自己責任で服用しなければなりません。

ご自分の体に合っていれば、うつ状態を軽減させることができると思いますが、万が一合っていなかった場合には、本当に強い副作用に悩まされることになります。

https://www.koleidoweb.com/sapri/152

 - 精神安定剤